虫歯、銀歯、親知らずを放っておくと口臭発生、対策はコチラ

虫歯、銀歯、親知らず、3人そろって口臭パワー増大

最近、ネットの知恵袋の質問で、「虫歯と口臭は関係あるでしょうか」という内容をよく見かけます。
ある強者は、「口臭が近頃気になります。実は虫歯がたくさんあるけど歯医者嫌いで治療してません。口臭と関係ありますか」といった内容も。
口臭の80%の原因は口内と言われてます。


スポンサードリンク

虫歯が原因で口臭発生

虫歯というのは、虫歯菌が酸を出して歯を攻撃することです。
歯のエナメル質は酸にとても弱く、みるみる溶けていきやがて穴をあけます。

 

極悪人の虫歯菌を放っておくと、隣近所まで被害を及ぼし、やがて町(歯)全体を再起不能にします。

 

虫歯ができるような口内環境なので、四六時中食べかすや歯垢が見られます。
虫歯でできた穴は食べかすが塞いでます。
虫歯菌と友達の嫌気菌も食べかすのおかげで大変元気に大増殖します。

 

そして食べかすを腐蝕させると共に、二つの悪玉菌は強烈な悪臭を発します。
この悪臭こそ口臭といわれている犯人です。

 

どんなにおいかというと、ゆで卵が腐った臭い、口臭便所の臭いなどと言われてます。

 

銀歯も口臭発生

銀歯というのは虫歯でできた穴を治療して塞いだ痕です。
治療した歯が原因で口臭だすのはおかしくないですか。
もっともですが、銀歯に問題があるわけではなく、銀歯と本来の歯の接着部分に問題がひそんでいます。
まれだとは思いますが、接着部分がちょっとでも空いていたらそこから菌が侵入します。
また、虫歯菌の攻撃にあって、接着部分が腐蝕し小さい穴があくこともあります。
その穴からはいった菌が銀歯内を腐蝕し口臭を放ちます。やがて痛みも出てくるはずです。

私は、中学2年生の頃、神経を抜いた奥歯に銀歯をかぶせました。
24歳のころ、奥歯が痛み出し、歯医者で銀歯を外したところ、強烈な悪臭に襲われました。
原因は接着部分が酸でとけ、菌が繁殖腐蝕していました。
時間がたつにつれ銀歯付近も菌に犯されるようになります。

親知らずも口臭発生

親しらずは本来の歯とは別にとんでもないところから出てきますよね。
抜かない人もたくさんいると思います。
親知らずの一番の問題は歯磨きしても食べかすが残りやすいことです。
歯並びが悪いのと同じで、ふつうのブラッシングでは食べかすが取れず、それが菌の繁殖を促し口臭を発生させます。

予防と対策

当然ですが、虫歯があれば、口臭発生要因になります。
虫歯があるくらいですから歯磨きしてないか下手かどちらかだと思います。
最初に歯医者へ行って虫歯を治療しましょう。
同時に歯石とりやクリーニングをしてもらい、歯の健康を取り戻すように努力します。
日常生活では、丁寧な歯磨きを心がけます。
そして親知らずなど磨きづらい歯はデンタルフロス(糸ようじ)を使えば食べかすが残ることもありません。
そして、虫歯とはさよなら生活を迎えましょう。

 

↓↓↓虫歯予防とツヤツヤきれいな歯に関心のある方はこちら↓↓↓
薬用オーラパール

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
あなたの参考になれば、幸いです。

スポンサードリンク